ブログカテゴリ:201604


4月 28日, 2016年
本日は2016年4月27日付のUC Santa Cruz News Centerから、"New book by ecologist James Estes recounts pioneering research in Alaska"をお届けします。ラッコと生態系の強い繋がりを見出したジェームス・エステス博士の最新の著作の紹介です。
4月 27日, 2016年
本日は2016年4月25日付のPoint Defiance Zoo & Aquarium News Releasesから、 "Sea otter dies at Point Defiance Zoo & Aquarium"をお届けします。メディアの記事のほうが報道が早かったのですがポイントデファイアンス動物園水族館のプレスリリースの開示を待って翻訳しました。
4月 26日, 2016年
ラッコの子どもが母親のまねをしています。 撮影地/Location:Moss Landing, Monterey, CA, USA 撮影/Credit:らっこちゃんねる | Sea Otter Channel 撮影日/Date:2016年4月15日
4月 19日, 2016年
このラッコは穴を掘るのが好きなようです。 撮影地/Location:Moss Landing, Monterey, CA, USA 撮影/Credit:らっこちゃんねる | Sea Otter Channel 撮影日/Date:2016年4月15日
4月 14日, 2016年
大きな石をお腹に乗せて貝を割っているラッコがいました。 撮影地/Location:Moss Landing, Monterey, CA, USA 撮影/Credit:らっこちゃんねる | Sea Otter Channel 撮影日/Date:2016年2月19日
4月 11日, 2016年
前回の記事で、ワッソン博士のもとでブレント・ヒューズ博士が湿地帯の健全性とラッコの関わりを突き止めたという話がありましたが、折よく2016年4月4日付のHuffpost Greenに そのヒューズ博士へのインタビュー記事"Sea Otters Restoring the Balance: 5 Question for Dr. Brent Hughes"が上がっていましたのでご紹介します。
4月 07日, 2016年
本日から2016年3月31日付のMonterey County Nowから、"Otter Eden : How two volunteers changed our understanding of sea otters."の3回目です。 ボランティアによる「市民の科学」が、研究を次のステージへと導きます。
4月 06日, 2016年
本日から2016年3月31日付のMonterey County Nowから、"Otter Eden : How two volunteers changed our understanding of sea otters."の2回目です。 時間のない研究者に代わり現場でデータを集める二人のボランティア。現場につねにいるからこそ気づくことも多く、そうした気づきに研究者らも動かされます。
4月 04日, 2016年
本日から2016年3月31日付のMonterey County Nowから、"Otter Eden : How two volunteers changed our understanding of sea otters."を3回に分けてお届けします。生物学の学位のない一般のボランティアがラッコの研究に大きな足跡を残しました。こうしたボランティアがラッコの研究や保護活動を大きく支えているんですね。