アメリカ:モントレーベイ水族館 Monterey Bay Aquarium

正式名称:Monterey Bay Aquarium
住所:886 Cannery Row, Monterey, CA 93940

ウェブサイト:https://www.montereybayaquarium.org

 フィーディング ツアー ライブカメラ 寄付 アダプト
 

モントレーベイ水族館は旧イワシ缶工場に1984年開館した。当初からラッコの保護・リハビリ・研究が盛んであり、世界で唯一ラッコの代理母プログラムを有し、また唯一代理母が育てた保護ラッコを生みに帰すことを許可されている施設である。
現在、5頭のメスラッコを飼育している。全てのラッコは健康上や行動上の理由から野生に返すことができないラッコだが、みな交替で代理母として親を失った子どものラッコや教育係が必要なラッコが野生に帰るための仲間として野生ラッコの繁栄に寄与している。


Rosa

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:1999年8月

保護日:1999年9月

座礁地:Santa Cruz, CA, USA

生後4週間で座礁、リハビリ後2000年4月に放流、約2年後に人間との接触が原因で、野生に返せないと判定される。2002年に展示ラッコの仲間入りをし、2018年6月現在で14頭の親を失った子どものラッコを育て上げている。


Abby

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:2007年

保護日:2007年7月

座礁地:

リハビリ後、カリフォルニア州サンディエゴのシーワールドで育ち、2012年6月にモントレーベイ水族館に戻る。


Ivy

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:2011年

保護日:2011年11月

座礁地:Cayucos State Beach, CA, USA

7週間の集中ケアの後、代理母トゥーラのもとで育つ。様々な問題があり魚類野生生物局から野生に返すことができないと判定される。2012年12月展示ラッコの仲間入りをする。


Kit

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:2010年

保護日:2010年1月

座礁地:Morro Bay Harbor, CA, USA

魚類野生生物局より野生に返せないと判定され、生後11週で最年少の展示ラッコとなった。2012年6月カリフォルニア州サンディエゴのシーワールドへ移動、2013年1月にモントレーベイ水族館へ戻る。


Selka

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:20012年

保護日:2012年7月

座礁地:Cayucos, CA, USA

リハビリののち2013年6月放流されるが、サメに噛まれ再度座礁。手術、リハビリ後野生に返されるが、健康上の問題及び人間との接触が原因となり、魚類野生生物局より野生に返すことができないと判定される。2年間、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で研究の手伝いをした後、2016年8月にモントレーベイ水族館の展示ラッコの仲間入りをする。


飼育されていたラッコ

Giget

View this post on Instagram

Monterey Bay Aquariumさん(@montereybayaquarium)がシェアした投稿 -

亜種:カリフォルニアラッコ

性別:メス

生年:2008年

没年:2019年2月4日

保護日:2008年10月

座礁地:Morro Strand Beach, CA, USA

リハビリ後、魚類野生生物局により野生に返すことができないと判定され、カリフォルニア州ロングビーチのパシフィック水族館へ移動。2013年1月にモントレーベイ水族館に戻り展示ラッコ及び代理母として活躍し、4頭の子どもを育て上げる。慢性関節炎を患い代理母から引退後もラッコ遺伝子の研究などに参加。

2019年2月4日死亡。関連記事はこちら