記事 | Articles

こちらでは個人で書いたラッコに関する記事、またアメリカでのラッコに関する記事や報道をご紹介しています。

おすすめ記事

らっこちゃんねるがとくにおすすめする記事を5つピックアップしました。

特に「ラッコの苦しい戦い」と「ラッコ501号を救え!」の2本の動画は、らっこちゃんねるを始めるきっかけとなったものです。

ラッコの苦しい戦い - ラッコと人間と環境 |Threatened: The Controversial Struggle of the Southern Sea Otter
ラッコが直面する様々な脅威と人間、環境との関わりを紹介した動画の書き起こしです。(全4回)

ラッコ501号を救え! | Saving Otter 501
1匹のラッコの赤ちゃんを保護し、野生に帰すための、モントレーベイ水族館のスタッフと代理母ラッコの奮闘の日々を追ったドキュメンタリーの書き起こしです。(全5回)

汚染されたラッコを救え~エクソン・バルディーズ号原油流出事故、ボランティアの記録~ | Oiled Otter Odyssey
1989年アラスカでおきた原油流出事故の際、ボランティアとしてラッコの救出にあたった人々を追ったドキュメンタリーです。(日本語字幕付き動画)

「ラッコ狩り」で生きる | What's it's like to hunt sea otters
アラスカでは一部の先住民にラッコ猟が許可されています。ラッコ猟で暮らすある男性へのインタビュー記事です。

ネコの寄生虫がラッコを殺すまで | How a Parasite in Cats is Killing Sea Otters-THE JOURNEY OF TOXOPLASMA GONDII

私たちは陸と海がつながっているということ忘れがちですが、実際海は陸からたくさんの汚染物質を受け入れています。ラッコはどのように陸由来の病原体に感染してしまうのでしょうか。

人気記事ランキング

新着記事(最新5件)

2017年

7月

19日

【記事】カムチャツカでラッコの赤ちゃんを保護 | Orphaned baby sea otter found in In Kamchatka

本日は2017年7月14日付の1 ПЕРВЫЙ КАНАЛより"На Камчатке нашли осиротевшего детеныша краснокнижного калана"をお届けします。
ロシアのカムチャツカで親とはぐれたラッコの子どもが保護されたとのことです。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

08日

【記事】ミズダコを食べるアラスカラッコ | Kraken snackin': Alaska's sea otters can take down giant Pacific octopuses

本日は2017年7月3日付のEarth Touch News Networkから、"Kraken snackin': Alaska's sea otters can take down giant Pacific octopuses"をお届けします。らっこちゃんねるも一度、モントレー湾でタコを食べるラッコを見たことがありますが、食べていたのはオスのラッコでした。小さな貝をいくつも取るより、大きなタコを一つとるほうが絶対に費用対効果がいいはずなんですよね。母親は潜るたびに子どもを放置しなければならないので、子どもの安全という点でも一度で大きなエサをとることが望ましいのだと思います。親子がタコを好むのはそうした理由があるからではないでしょうか。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

06日

【記事】ラッコに再び命を吹き込む | An Old Sea Otter’s Final Dive

本日は2017年7月4日付のHakai Magazineより、"An Old Sea Otter’s Final Dive"をお届けします。死んでしまったラッコに再び命を吹き込む、あるラッコ生物学者のお話です。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

05日

【記事】ラッコは情報の宝庫 | A Furry Treasure Trove of Information

本日は2016年9月23日付のHakai Magazineより、"A Furry Treasure Trove of Information"をお届けします。少し前の記事になりますが、最近このラッコについての後日談があがったので、先にこちらの話をお届けします。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

03日

【記事】ミスター・エンチラーダの事故から1年 | Remembering Mr.Enchilada

本日は翻訳ではなく書き下ろしの記事になります。
モスランディングのカリスマラッコ、ミスターエンチラーダが車にひかれてからちょうど1年。ラッコと他の生き物、そして人間がみな安全に暮らしていくために、今でも多くの人々が尽力を続けています。 

続きを読む 0 コメント