記事一覧 - ラッコと先住民 | Articles - Sea Otters and Indigenous Culture

記事はシステムの都合上、最新のものから100件しか表示されません。
より多くの記事をご覧になりたい場合は、左下の「サイト内検索」にキーワードを入れてお探しください。

2016年

5月

28日

【記事】海産資源をめぐる先住民とラッコのたたかい | Seafood Fight

本日は、2016年2月18日付のSAPIENSより、"Seafood Fight "をお届けします。
カナダのブリティッシュコロンビアにおける、先住民とラッコの関わりと軋轢についての記事です。
ラッコの保護活動は地元の伝統や経済的な影響を無視できるものではありません。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

26日

【記事】ラッコの復活をめぐる対話 | Coastal Voices: Navigating the Return of the Sea Otter

 本日は、COASTAL VOICESというウェブサイトから、カナダのサイモン・フレーザー大学による”Coastal Voices:Navigating the Return of the Sea Otter”という動画の書き起こしをご紹介いたします。アラスカ先住民は昔からラッコと共存してきました。ラッコの乱獲による減少ののち、アワビやウニが増え、その漁を生業とする人も増えました。そして今、ラッコがかつての生息域に復活し始めたとき、それらをめぐって人間とラッコの間に軋轢が生まれはじめます。人間とラッコがどのように共生していくべきか、先住民とラッコ研究者らがお互いを尊重する対話を始めています。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

13日

【記事】ラッコと漁業の軋轢 | Dive fishermen and sea otters face complex competition

 本日は、2015年12月2日付のKTOO Public Mediaから、"Dive fishermen and sea otters face complex competition"をお届けします。毛皮貿易時代に一掃された後そこには人間の漁業を中心とする営みが確立しました。ラッコがかつての生息域に戻ってきた時、そこで暮らす人間との軋轢が生じはじめます。ラッコと人間、共存への道はあるのでしょうか。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

06日

【記事】ハイダバーグでラッコの縫製講座開催 | Sea otter sewing class offered in Hydaburg

 本日は2015年9月4日付のKRBDから"Sea otter sewing class offered in Hydaburg"をお届けします。アラスカの先住民たちは長くラッコやアザラシなどの海獣を獲って暮らしてきました。ラッコ猟や先住民間での毛皮の売買、またラッコをつかった工芸品の販売はは現在でも例外的に先住民に認められています。伝統を守るためラッコの毛皮を使った工芸教室の様子です。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

24日

【記事】誰もラッコを撃ちたくなどない(4) | Why would anyone want to shoot a sea otter? (4)

本日から2015年3月10日付のThe Guardiansから、"Why would anyone want to shoot a sea otter?"のパート4、完結編です。

様々な経験を経てラッコ猟をし毛皮で作品を作るという仕事を選んだ、アラスカ先住民の血を引くある男性。ラッコの毛皮をファッションに再度取り入れる試みは、まだ続いています。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

23日

【記事】誰もラッコを撃ちたくなどない(3) | Why would anyone want to shoot a sea otter? (3)

2015年3月10日付のThe Guardiansから、"Why would anyone want to shoot a sea otter?"のパート3です。

自らラッコやアザラシを捕り、肉を食べ、その毛皮で衣服やアクセサリーなどを作って売る、あるアラスカ先住民の血をひく男性を追ったノンフィクション第3弾です。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

17日

【記事】誰もラッコを撃ちたくなどない(2) | Why would anyone want to shoot a sea otter? (2)

2015年3月10日付のThe Guardiansから、"Why would anyone want to shoot a sea otter?"のパート2です。

自らラッコやアザラシを捕り、肉を食べ、その毛皮で衣服やアクセサリーなどを作って売る、あるアラスカ先住民の血をひく男性を追ったノンフィクションです。
パート1はこちらからご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

15日

【記事】誰もラッコを撃ちたくなどない(1) | Why would anyone want to shoot a sea otter? (1)

本日から2015年3月10日付のThe Guardiansから、"Why would anyone want to shoot a sea otter?"を数回に分けてお届けします。

アラスカ先住民の血を引くある男性。自らラッコやアザラシを捕り、肉を食べ、その毛皮で衣服やアクセサリーなどを作って売っています。元記事のコメント欄先住民の文化の継承を理解する声、この男性に対する批判的な意見で大荒れでした。

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

06日

【記事】「ラッコ狩り」で生きる | What's it's like to hunt sea otters

今日は2014年5月2日付のVoxの記事、'What's it's like to hunt sea otters'から。ラッコ好きな人には多少ショッキングな内容もあるかもしれません。
現在でも一部のアラスカの先住民たちにはラッコ狩りが許可されていますが、捕鯨同様、「獲る」側と「護る」側双方の言い分があります。あまり見かけない「獲る」側の意見をご紹介します。誤訳御免でお願いします。

続きを読む 1 コメント