記事一覧 - ラッコと核実験 | Articles - Sea otters and Nuclear Tests

冷戦下、アメリカとソ連が熾烈な核開発競争を行っていた中、アリューシャン列島ラット諸島にあるアムチトカ島が地下核実験場に選ばれました。ここでは、ラッコを含む野生生物の楽園アムチトカ島で行われた核実験とそれらがラッコに及ぼした影響などについての記事をまとめています。

記事はシステムの都合上、最新のものから100件しか表示されません。

より多くの記事をご覧になりたい場合は、左下の「サイト内検索」にキーワードを入れてお探しください。

2015年

6月

30日

【記事】アムチトカ島のラッコたち (3) | Victims of Amchitka Test - 3

1965年から71年にかけてアムチトカ島でおこなわれた核実験により、ラッコをはじめ多くの野生生物たちが犠牲になりました。当時の様々な記事からその影響をうかがい知ることができます。今回は、1971年11月6日に行われた最大の地下核実験カニキン前後のラッコに関する報道をご紹介します。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

26日

【記事】アムチトカ島のラッコたち (2) | Victims of Amchitka Test - 2

 冷戦下、アリューシャン列島のアムチトカ島で行われた3度の地下核実験。
この間、島にいたラッコのうち数百頭がアラスカ州南東部、ワシントン州、オレゴン州、そしてカナダのブリティッシュコロンビア州の各地に移殖されました。今回は、各地への移殖に関する報道記事を集めました。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

20日

【記事】アムチトカ島のラッコたち (1)| Victims of the Amchitka Test -1

アラスカ、アリューシャン列島に位置するアムチトカ島。米露冷戦下の60年半ばから70年代初め、ここで大規模な地下核実験が行われました。それに先立ち、実験域に住むラッコたちの移殖が行われました。今回から数回、アムチトカ島のラッコたちについての動画や記事などをお届けします。本日はアメリカエネルギー省が作成した1968年の古いドキュメンタリーフィルム"The Warm Coat"の書き起こしをお届けします。

続きを読む 0 コメント