記事一覧 - ラッコの保護 | Articles - Sea Otter Conservation Efforts

記事はシステムの都合上、最新のものから100件しか表示されません。
より多くの記事をご覧になりたい場合は、左下の「サイト内検索」にキーワードを入れてお探しください。

2017年

10月

09日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い (6)| Part6:Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は2017年10月6日付のSeattle Aquarium Blogから、"Part6:Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter"をお届けします。バンクーバー水族館のハーディの最新情報です。

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

03日

【記事】シェッド水族館、カシロフのお世話のお手伝い | Shedd Responds to an Otter in Need

本日は2017年9月29日付のShedd Aquarium blogより、"Shedd Responds to an Otter in Need"をお届けします。世界中がラッコ啓蒙週間をお祝いしている間も、座礁したラッコたちのお世話は続きます。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

24日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い (5)| Part 5: Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は2017年9月22日付のSeattle Aquarium Blogより、"Part 5: Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter"をお届けします。ハーディは自分でグルーミングができるようになりました。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

21日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い (4)| Part 4: Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は2017年9月18日付のSeattle Aquarium Blogより、"Part 4: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska"をお届けします。バンクーバー水族館でリハビリを受けているハーディは、日々マイルストーンを達成しつつあるようです。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

16日

【記事】シアトル水族館、オディアックのお世話をお手伝い(3) | Part 3: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska

本日は2017年8月27日付のSeattle Aquarium Blogから、"Part 3: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska"をお届けします。パート1パート2も併せてご覧ください。また、同水族館のスタッフのバンクーバー水族館でのラッコのお世話のお手伝いについてはこちら(【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い | Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter)をご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

15日

【記事】シアトル水族館、オディアックのお世話をお手伝い(2) | Part 2: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska

本日は2017年8月24日付のSeattle Aquarium Blogより"Part 2: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska"をお届けします。シアトル水族館のスタッフがアラスカシーライフセンターの新生児ラッコのお世話のお手伝いをしています。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

14日

【記事】シアトル水族館、オディアックのお世話をお手伝い(1) | Part 1: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska

本日は2017年8月23日付のSeattle Aquarium Blogより、"Part 1: Seattle Aquarium staff assist with sea otter rehabilitation in Alaska"をお届けします。シアトル水族館のスタッフがアラスカシーライフセンターで保護されたラッコの赤ちゃんのお世話のお手伝いをしています。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

09日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い(3) | Part 3: Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は9月7日付のSeattle Aquarium Blogから、"Part 3: Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter"をお届けします。パート1パート2も併せてご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

08日

【記事】ラッコに対するトキソプラズマの影響 | Toxoplasmosis Poses Threat for Sea Otters Like Yankee Doodle

本日は、2017年9月6日付のMarine Mammal Center News Roomより、"Toxoplasmosis Poses Threat for Sea Otters Like Yankee Doodle"をお届けします。トキソプラズマとラッコについては、こちらの記事(【記事】ネコの寄生虫がラッコを殺すまで | How a Parasite in Cats is Killing Sea Otters-THE JOURNEY OF TOXOPLASMA GONDII)もぜひ合わせてお読みください。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

07日

【記事】ラッコがカニ産業を活動不全にした毒の犠牲者になっている可能性 | Sea otters may be victims of toxin that crippled crab industry

本日は2017年9月1日付のSF GATEから、"Sea otters may be victims of toxin that crippled crab industry"をお届けします。先日の海洋哺乳類センターで保護されている2頭のラッコたちに関する記事に関する記事です。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

03日

【記事】カリフォルニアラッコ保全の新しいマイルストーン | New milestones in southern sea otter conservation

本日は2017年9月1日付のAlaska Sealife Center 60 North Science Blogから"New milestones in southern sea otter conservation"をお届けします。保護されたラッコが自然に帰ったあとどのように生きているのかを知ることが今後の保全活動に大きく役立ちます。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

02日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い(2) | Part 2:Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は2017年9月1日付のSeattle Aquarium Blogから、"Part 2:Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter"をお届けします。シアトル水族館のスタッフがバンクーバー水族館で保護されているラッコの子ども、ハーディのお世話のお手伝いをしているという先日の記事の続報です。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

01日

【記事】新改装リハビリ施設でラッコ保全を支援 | Otter Conservation Efforts Bolstered By New Rehabilitation Space

いよいよ9月。ラッコ啓蒙週間が近づいてきました。本日はMarine Mammal Center Latest Newsから、"Otter Conservation Efforts Bolstered By New Rehabilitation Space"をお届けします。ラッコの保護とリハビリの両方を手がける施設はそれほど多くありません。あまり名前は出てきませんが、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを渡ったところにある海洋哺乳類センターもラッコのリハビリを怒っている施設の一つです。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

29日

【記事】シアトル水族館、ハーディのお世話をお手伝い | Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter

本日は2017年8月29日付のSeattle Aquariumのブログより、"Seattle Aquarium assists with Hardy, the rescued sea otter"をお届けします。水族館どうしが人的サポートを行い、ラッコのリハビリを行っています。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

31日

【記事】ラッコのハーディ、バンクーバー水族館の養育室へ | RESCUED SEA OTTER PUP HARDY MOVES INTO NURSERY AT VANCOUVER AQUARIUM

本日は2017年7月31日付のVancouver Aquarium Aquablogから、"RESCUED SEA OTTER PUP HARDY MOVES INTO NURSERY AT VANCOUVER AQUARIUM"をお届けします。
ハーディは順調にリハビリを続け、バンクーバー水族館海洋哺乳類保護センターから水族館内の施設へ移ったようです。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

29日

【記事】バンクーバー水族館のラッコの赤ちゃん、元気に泳ぐ | A rescued sea otter pup is swimming in cute at the Vancouver Aquarium

本日は2017年7月26日付のMother Nature Networkより"A rescued sea otter pup is swimming in cute at the Vancouver Aquarium"をご紹介します。

バンクーバー島北部で保護されたラッコの名前はハーディに決まりました。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

24日

【記事】カムチャツカで保護されたラッコ、死ぬ | AN ORPHANED SEA OTTER, WHO WAS NURSED BY KAMCHATKA VETERINARIANS, DIED

本日はロシアメディアИнформационное агентство Камчаткаから、先日保護されたラッコの赤ちゃんに関する残念なニュースです。遠隔地における海洋哺乳類の保護設備の整備が望まれます。ロシア語から英語にgoogle翻訳したものを日本語にしたので、おかしなところがあるかもしれません。ロシア語がお分かりの方で、日本語訳の間違いにお気づきの方はご指摘いただけましたら幸いです。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

19日

【記事】カムチャツカでラッコの赤ちゃんを保護 | Orphaned baby sea otter found in In Kamchatka

本日は2017年7月14日付の1 ПЕРВЫЙ КАНАЛより"На Камчатке нашли осиротевшего детеныша краснокнижного калана"をお届けします。
ロシアのカムチャツカで親とはぐれたラッコの子どもが保護されたとのことです。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

03日

【記事】ミスター・エンチラーダの事故から1年 | Remembering Mr.Enchilada

本日は翻訳ではなく書き下ろしの記事になります。
モスランディングのカリスマラッコ、ミスターエンチラーダが車にひかれてからちょうど1年。ラッコと他の生き物、そして人間がみな安全に暮らしていくために、今でも多くの人々が尽力を続けています。 

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

29日

【記事】オスのラッコの赤ちゃんをお世話中 | TINY MALE OTTER PUP PATIENT IN OUR CARE

本日は2017年6月28日付のVancouver Aquarium Aquablogから、"TINY MALE OTTER PUP PATIENT IN OUR CARE"をお届けします。もし座礁しているラッコを見つけても決して自分で助けようとせず、まずは最寄りの保護団体へ連絡してください。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

28日

【記事】絶滅の淵からカワウソとラッコを救った保全活動 | Conservation success for otters on the brink

少し更新が遅れていて申し訳ありません。本日は2017年6月20日付のBBC Earthから、"Conservation success for otters on the brink"をお届けします。ラッコとスマトラカワウソ、カワウソ亜科の2種類の動物の保全活動に関する記事です。どちらも絶滅したと思われるところから、復活を遂げてきました。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

13日

【記事】バンクーバー水族館の若いラッコたち、先輩のカトマイと交流 | AN OTTER-LY ENERGETIC INTRODUCTION: KATMAI MEETS RIALTO, MAK, AND KUNIK

本日は2017年6月13日付のVancouver Aquarium Aquablogから、"AN OTTER-LY ENERGETIC INTRODUCTION: KATMAI MEETS RIALTO, MAK, AND KUNIK"をお届けします。

バンクーバー水族館の3頭の若い保護ラッコたちはすくすくと育ち、先輩ラッコたちとの交流を深めているようです。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

11日

【記事】シェッド水族館、アラスカのラッコの赤ちゃんをヘルプ | Shedd Responders Help Alaska Sea Otter Pup

本日は2017年5月31日付のShedd Aquarium Blogより、"Shedd Responders Help Alaska Sea Otter Pup"をお届けします。より良いケアを与えるという共通の目的のもと、施設どうしがお互いの知識と経験を分かち合い、学びあうという姿勢は素晴らしいですね。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

17日

【記事】アラスカラッコにカリフォルニア流のおもてなし | Northern Sea Otter Gets Some Southern Hospitality

本日は2017年4月7日付のGeorgia Aquariumのウェブサイトから、"Northern Sea Otter Gets Some Southern Hospitality"をお届けします。水族館どうしで飼育の技術を学びあい、また必要な協力をすることは、多くのラッコの受入れにきっと役立つでしょう。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

11日

【記事】アラスカシーライフセンターのラッコ、順調に成長 | Sea otter pup progressing well under Alaska SeaLife Center care

本日は2017年5月10日付のAlaska Sealife Centerブログから"Sea otter pup progressing well under Alaska SeaLife Center care. Members of the public may view pup in the Center’s “I.Sea.U” unit"をお届けします。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

10日

【記事】水族館の許容範囲を超えたアラスカのラッコの座礁 | Alaska has more orphaned otters than the world's zoos have room for

本日は2017年5月8日付のAlaska Dispatch Newsから、"

Alaska has more orphaned otters than the world's zoos have room for"をお届けします。
アメリカが要求するラッコの飼育基準を満たすのは、費用的にも設備的にもなかなか難しいようです。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

08日

【記事】エルクホーン湿地帯のラッコたち:保全活動の成功物語 | Sea Otters in Elkhorn Slough: A Conservation Success Story

本日は、少し前の動画になりますが2016年9月19日付のMonterey Bay Aquariumの動画から、

"Sea Otters in Elkhorn Slough: A Conservation Success Story"をお届けします。

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

09日

【記事】保護されたラッコ、オーデュボン水族館へ | Rescued juvenile sea otter finds new home at Audubon Aquarium

本日は、2017年3月9日付のAudubon Nature Instituteウェブサイトより、"Rescued juvenile sea otter finds new home at Audubon Aquarium”をお届けします。
モントレーベイ水族館では親を失ったラッコを代理母ラッコが育てていますが、それでも必ずしも野生に適応できるわけではありません。残念ではありますが、新しい家で人々をインスパイアしてほしいですね。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

09日

【記事】ラッコの保護の歴史を切り開いた獣医師 | Monterey veterinarian leaves legacy of otter care

本日は2017年2月7日付のMonterey Herald ENVIRONMENTから、"Monterey veterinarian leaves legacy of otter care"をお届けします。
モントレーベイ水族館ができる前、座礁した子供のラッコをカリフォルニアの一人の獣医師が育てていました。ラッコの保護の歴史を切り開いたそのウィリアムス博士は、人々に大きな希望を残し、1月26日に亡くなりました。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

05日

【記事】親を失ったラッコ、選択肢が僅かに | Options Dwindle For Orphan Sea Otters

本日は2月3日付けのアラスカ州キーナイ半島をベースとするラジオ局KBBIの報道から、"Options Dwindle For Orphan Sea Otters" をお届けします。アラスカシーライフセンターでは人がラッコを育てるため、そうしたラッコは野生に帰すことができず、引取先の施設を探すしかないのですが、感染症のためラッコの大量死が続くアラスカでは、親を失った子供のリハビリや引受先を探すことが大きな負担になっています。ラッコの飼育には特別な許可が必要なため、受け入れ可能な施設は北米でも限られているからです。そのため保護したくてもできないという悲しい状況があります。日本の施設は繁殖を目指すのではなく、こうした行き場のないラッコたちに永住の地を与えるという方針に転換できないものなのでしょうか。

続きを読む 1 コメント

2017年

1月

25日

【記事】ラッコのセルカが仲間入り | Welcome Selka, our Newest Resident Sea Otter

本日はMonterey Bay Aquarium Shoreline 2017年春号のオンライン版特別記事、"Welcome Selka, our Newest Resident Sea Otter"をお届けします。
セルカは波乱万丈の人生を経てモントレーベイ水族館に新しく加わりました。そのセルカと向き合っているトレーナーの方へのインタビューです。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

24日

【記事】グレーシーの思い出 | Remembering Gracie

本日は、2017年1月24日付のGeorgia Aquarium Newsroomから、"Remembering Gracie"をお届けします。具体的にどのような状態になったのかは分かりませんが、開館以来ともに過ごしてきた仲間を安楽死させなければならないという決断をすることは、想像を絶する辛さだろうと思います。
グレーシーのご冥福をお祈りします。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

01日

【記事】エルクホーン湿地帯のラッコの養子たち | Sea Otter Adoptees Born in Elkhorn Slough

本年もらっこちゃんねるをよろしくお願いいたします。
今年最初の記事は、2017年1月1日付のBay Natureから"Sea Otter Adoptees Born in Elkhorn Slough"をお届けします。年の初めからラッコに関する記事が見つかって嬉しいです。
※引用元とは一部異なる写真を引用しています。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

27日

【記事】釣り糸で怪我を負ったラッコ、治療を終え野生に帰る | Sea otter healed by Monterey Bay Aquarium returns to the wild

本日は2016年12月23日付の KSBW 8から、"Sea otter healed by Monterey Bay Aquarium returns to the wild"をお届けします。
釣り糸で切り傷ができてしまったラッコ。無事野生に帰ることができました。
釣り糸は強く、絡まると肉がえぐれてしまいます。釣りをする方、いらない糸は必ず持ち帰って捨ててくださるようお願いします。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

26日

【記事】ラッコの影響の2つの面 | The Two Sides of Sea Otters

本日は、Canadian Wildlife Magazine November / December 2016から"The Two Sides of Sea Otters"をご紹介します。ラッコが沿岸に戻ってくることで、プラスとマイナス両方の影響があります。人間とラッコが共存していくために、多くの人々が解決策を探しています。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

13日

【記事】カリフォルニアラッコを守るために | Making a Difference for California Sea Otters

本日は2016年12月12日付のDefenders of WIldlife Blogより、"Making a Difference for California Sea Otters"をお届けします。

ミスター・エンチラーダの死は非常に残念なことではありますが、この悲劇を繰り返さないように多くの人々が力を尽くしていることに、アメリカの動物保護のすごさを感じます。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

03日

【記事】エルクホーン湿地帯でラッコがカヤックに飛び乗る | Sea otter jumps onto Boulder Creek man’s kayak at Elkhorn Slough

本日は2016年11月30日付のKSBW8から、"Sea otter jumps onto Boulder Creek man’s kayak at Elkhorn Slough"をお届けします。

ラッコは見た目がかわいらしいですが、貝殻やカニの殻をかみ砕くほど強い歯や顎を持っています。指くらいなら簡単に食いちぎられると思います。人間とラッコ両方の安全のためにも、必ずガイドラインを守ってラッコ観察を楽しんでください。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

30日

【記事】モスランディングのラッコの死が変化を促す | Moss Landing sea otter's death spurs change

本日は2016年11月30日付のKSBW8から、"Moss Landing sea otter's death spurs change"をお届けします。のっぺらっこが死んだ場所で2週間ほど前から木のフェンスが設置され、道路に印がつけられていたので、ひょっとしたら・・と思っていたのですが、横断歩道ができました。世界で唯一のラッコ(と人間)用横断歩道です。のっぺらっこが死んでしまったことは非常に残念ですが、悲劇が二度と起きないように多くの人々が力を尽くし、標識や横断歩道、スピードバンプなどの設置につながったことは本当に素晴らしいことだと思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

04日

【記事】ようこそ、2頭のアラスカラッコたち | WELCOME TWO RESCUED ALASKAN SEA OTTER PUPS

本日は2016年11月2日付けのVancouver Aquarium Blogから、"WELCOME TWO RESCUED ALASKAN SEA OTTER PUPS"をお届けします。
バンクーバー水族館がアメリカからラッコを引き受けるのはリアルトを含め今年3頭になります。
ラッコの展示水槽も2つになったからだと思いますが、本当にありがたいです。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

01日

【記事】リアルト、リハビリは順調 | RIALTO RIGHT ON TRACK

本日は2016年10月31日付のVancouver Aquarium Aquablogより、"RIALTO RIGHT ON TRACK"をお届けします。順調に育っているようで、よかったですね。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

05日

【記事】エルクホーン湿地帯のラッコ、農業排水を相殺 | Elkhorn Slough Sea Otters Offset Agricultural Runoff

本日は2016年9月28日付のMobile Ranger Blogから、"Elkhorn Slough Sea Otters Offset Agricultural Runoff"をお届けします。

ケルプの森だけでなく、湿地帯でも頂点捕食者として生態系を健全に保つラッコ。カリフォルニア沿岸地域には海洋保護区を設け、ラッコや多くの生物をを守っています。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

27日

【記事】現在のエリーをご覧あれ | Ellie: Look at Her Now!

本日は2016年9月19日付のShedd Aquarium Blogから、"Ellie: Look at Her Now!"をお届けします。カリフォルニアで保護され、今年1月にシェッド水族館へやってきたエリー。
すくすく成長し、年の近いルナとは良い遊び友達になっているようです。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

26日

【記事】ラッコ啓蒙週間:シェッド水族館の健康なラッコたち | Sea Otter Awareness Week: Seeing Healthy Otters at Shedd Aquarium

本日は2016年9月22日付けのThe Huffinton Postより、"Sea Otter Awareness Week: Seeing Healthy Otters at Shedd Aquarium" をお届けします。
シェッド水族館の獣医師ヴァン・ボン博士へのインタビューです。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

23日

【 記事】「モスランディング市長」の死から学ぶべきこと|What the Untimely Death of the “Mayor of Moss Landing” Can Teach Us All

本日は2016年9月19日付けのDefender of Wildlifeから、"What the Untimely Death of the “Mayor of Moss Landing” Can Teach Us All"をお届けします。
地元で人気のラッコ、ミスター・エンチラーダ(私たちはのっぺらっこと呼んでいました)の突然の死から2ヵ月余り。すっかり寂しくなりました。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

21日

【記事】リアルトのシアトル新生活 | Rescued Pup Rialto Settles into New Digs

本日2つ目の記事は、2016年9月20日付けのVancouver Aquarium Blogから、"Rescued Pup Rialto Settles into New Dig"をお届けいたします。シアトル水族館とバンクーバー水族館は保護直後から協力し、リアルトのケアを行なってきました。バンクーバー水族館に到着したリアルトは、元気に過ごしているようです。シアトル水族館でのお別れの記事は【記事】さよなら、リアルト | A Fond farewell to sea otter pup Rialtoをご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

21日

【記事】さよなら、リアルト | A Fond farewell to sea otter pup Rialto

本日はまずSeattle Aquarium Blogから、”A Fond farewell to sea otter pup Rialto"をお届けします。8月はじめに保護され、シアトル水族館で24時間体制のケアを受けてきたリアルト。様々な事情から、シアトル水族館では長期的な飼育をすることができないため政府当局の許可を得て保護当初から協力していたバンクーバー水族館へ移ることになりました。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

20日

【記事】代理母に育てられたラッコ、湿地帯の再構築に貢献 | Our surrogate-raised sea otters are helping restore a wetland

本日は、2016年9月19日付のConservation & Science at the Monterey Bay Aquariumから、”Our surrogate-raised sea otters are helping restore a wetland ”をお届けします。

モントレーベイ水族館で代理母による養育プログラムが始まって15年、プログラムを卒業したラッコたちはエルクホーン湿地帯に放されてきました。そうしたラッコたちが個体数回復だけでなく、湿地帯の回復にも大きく貢献していることが明らかになりました。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

13日

【記事】ラッコ啓蒙週間が必要な理由 | Why Do We Need Sea Otter Awareness Week?

本日は2016年9月12日付のShedd Aquarium Blogから、"Why Do We Need Sea Otter Awareness Week?"をお届けします。
もうすぐラッコ啓蒙週間ですね。日本においても、ラッコをただ可愛らしい動物として紹介するだけにとどまらず、生態系におけるラッコの重要性を知る機会が増え、野生のラッコの研究や保護に力を入れて欲しい。そのために、らっこちゃんねるは今後もさまざまな情報や記事をお届けしていきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

10日

【記事】保護されたラッコ、リアルトのお世話 | Caring for Rialto

本日は2016年9月8日付のSeattle Aquarium Blogから、"Caring for Rialto "をお届けします。

子どものラッコのお世話は非常に大変です。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

31日

【記事】シアトル水族館でラッコの赤ちゃんがリハビリ中 | Stranded sea otter pup transferred to the Seattle Aquarium for rehabilitation

本日は2016年8月30日付のSeattle Aquarium Blogから、"Stranded sea otter pup transferred to the Seattle Aquarium for rehabilitation "をお届けします。
ラッコの赤ちゃんの座礁が増えていますが、さまざまな制約や条件があり、どんな施設でも引き受けられるわけではありません。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

30日

【記事】サンタクルーズ郡でラッコ3頭が銃撃され死亡 | Sea Otter Shootings in Santa Cruz County

本日は2016年8月29日付のCDFW Newsから、"Sea Otter Shootings in Santa Cruz County "をお届けします。今月中旬ごろ、相次いでラッコの死体が発見されましたが、3頭に銃創が見つかりました。当局は犯人逮捕につながる有力な情報を求めて報奨金を用意しています。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

27日

【記事】ラッコの赤ちゃんのお世話 | Taking Care of a Sea Otter Pup

本日は、2016年8月23日付のAquarium of the Pacificのブログから、"Taking Care of a Sea Otter Pup "をお届けします。アクアリウム・オブ・ザ・パシフィックのスタッフが、門とr-ベイ水族館のラッコ保護プログラムで赤ちゃんラッコのお世話のトレーニングを受けた経験について語っています。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

22日

【記事】ようこそ、セルカ! | Say hello to Selka!

本日は2016年8月22日付のMonterey Bay Aquarium Blogから、"Say hello to Selka! "をお届けします。紆余曲折を経てモントレーベイ水族館の一員となったラッコ、セルカ。
新しい仲間の紹介です。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

28日

【記事】ラッコの交通事故死と利害のもつれ | An otter dies crossing the street, and a bureaucratic tangle follows

本日は2016年7月21日付のMonterey County Weeklyから、"An otter dies crossing the street, and a bureaucratic tangle follows. "をお届けします。
海水の侵入を防ぐ蓋がついたため土管を通れなって道路を渡るようになり、車にひかれてしまった名物ラッコ。しかし単純に土管を解放すればいいというわけにはいかないのです。ラッコの保護も大切ですし、そこで生活を営む人間、また別の危機に瀕する生物たちも同様に大切だからです。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

14日

【記事】モスランディングでラッコが車にひかれ死亡 | Sea otter hit by car, killed on Moss Landing Road

 本日は2016年7月12日付、13日付のメディア報道をお送りします。
道路を渡る有名なラッコが車にはねられ死んだ事件ですが、なぜか10日ほどたってからニュースになりました。

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

13日

【記事】なぜラッコが道路を渡るのか | Why did the sea otter cross the road?

本日はSea Otter Savvyという、人間のラッコへのハラスメントを調査しハラスメントを減らすための啓蒙活動をしている団体の投稿を2つご紹介します。
モスランディングでは有名だったオスのラッコがいました。エサを食べるために道路を渡るようになったので心配する声が高まっていました。Sea Otter Savvyが道路を横断中の動画を公開してドライバーに注意を喚起したわずか数日後、そのラッコは残念ながら7月3日の夜、車にひかれて死んでしまいました。私たちも以前からこのラッコが道路を渡るところを何度も目撃していましたが、ハラスメントも少なくなかったため、状況が悪化することを恐れて情報はほとんど公開していませんでした。
思い出の多いラッコだけにこのような結果になり、残念でなりません。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

18日

【記事】アラスカのラッコたちがフランスへ引越し | Bon voyage! Alaska sea otters move to France

 本日は2016年6月17日付KTVA Alaskaから"Bon voyage! Alaska sea otters move to France"をお届けします。アラスカシーライフセンターで保護されていたラッコのうち3頭がフランスのオセアノポリ水族館に到着しました。引越しをスムーズに行うため、シーライフセンターのスタッフが1か月間現地に滞在するそうです。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

01日

【記事】モロ湾で迷子になった赤ちゃんラッコ、母親と無事再会 | Sea otter mother and pup reunited after rescue in Morro Bay

本日は、2016年5月31日付のTHE TRIBUNEより、"Sea otter mother and pup reunited after rescue in Morro Bay "をお届けします。ラッコの赤ちゃんにとっては、母親といることが一番です。実際は親と再会させられるところまで行きつくことは珍しく、このようにハッピー・エンドになるということは本当に嬉しいですね。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

21日

【記事】ラッコを愛するあまり死に追いやらないで | Sea otters: Loving them to death?

本日は2016年5月19日付のNews Channel 5から"Sea otters: Loving them to death? "をお届けします。レジャーシーズンになり、モントレー湾ではラッコをはじめ他の生き物へのハラスメントが増大しています。意図しないハラスメントがほとんどだとは思いますが、意図的であるにしろないにしろ、そのハラスメントが動物にもたらす結果は同じですから、教育が非常に大切になってくるのではないでしょうか。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

09日

【記事】海のみなしごたち | Orphans of the ocean

本日は2016年5月7日付のAlaska Dispatch Newsから、"Orphans of the ocean "をお届けします。アラスカでは前例のないレベルでラッコや他の生き物の座礁や死亡が相次いでいます。生き残ったラッコたちをケアするアラスカシーライフセンターの取り組みをご紹介します。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

30日

【記事】サーモン漁が解禁、釣り人にラッコへの注意を喚起 | Monterey Bay salmon anglers asked to steer clear of sea otters

本日は2016年3月29日付の、サンタクルーズの地元紙、Santa Cruz Sentinel から"Monterey Bay salmon anglers asked to steer clear of sea otters "をお届けします。地方メディアでよくラッコの生態や保護について取り上げられていますが、それによって一般市民のラッコや他の野生生物に対する啓蒙になっています。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

28日

【記事】海、私たちの裏庭:ラッコの生息域拡大はいいことなのか | Dan Haifley, Our Ocean Backyard: Would sea otter range expansion be a good thing?

本日は2016年3月26日付のSanta Cruz Sentinnel ENVIRONMENTより、"Dan Haifley, Our Ocean Backyard: Would sea otter range expansion be a good thing?"をお届けします。

ちょっともとの記事の編集がおかしくて、前回と重複しているところがあります。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

17日

【記事】アラスカ州でラッコの座礁が相次ぐ | Cordova sea otter latest in statewide trend

本日は2016年3月16日付の The Cordoba Timesから、"Cordova sea otter latest in statewide trend"をお届けします。アラスカ州でもラッコの座礁が相次いでおり、アラスカ州唯一の受け入れ期間であるアラスカシーライフセンターは対応に追われているようです。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

15日

【記事】モントレー湾の動物たち: 近づき過ぎないで! | Monterey Bay marine wildlife: Don’t get too close

本日は2016年3月12日付のMonterey Herald Environmentから、"Monterey Bay marine wildlife: Don’t get too close "をお届けします。新聞でもこのような啓蒙記事がどんどん出ているのが救いではありますが、実際ハラスメントを行う人はこのような記事には全く関心がないのです・・・。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

14日

【記事】海、私たちの裏庭:ラッコの生息域は拡大するか | Our Ocean Backyard: Can the sea otter range expand?

本日は2016年3月12日付のSanta Cruz Sentinnel ENVIRONMENTより、"Our Ocean Backyard: Can the sea otter range expand?"をお届けします。
翻訳後、大きく編集されておりましたので3月28日に翻訳を修正しています。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

01日

【記事】719号のケルプな生活 | Life’s a Bed of Kelp for Pup 719

 本日は2016年2月25日付のShedd Aquarium Blogから、"Life’s a Bed of Kelp for Pup 719"をお届けします。英語には"a bed of roses"(安楽な生活)という言い回しがあります。今回のタイトルは、このbed of rosesを念頭にkelp bed(ケルプ床)をもじっています。原語のニュアンスをそのまま訳すのは難しいですね。。。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

28日

【記事】海、私たちの裏庭~カリフォルニアラッコの保護活動の成功と未来 | Dan Haifley, Our Ocean Backyard: California sea otters: Success but more work ahead

本日は2016年2月27日付の Santa Cruz Sentinel ENVIRONMENTから、"Dan Haifley, Our Ocean Backyard: California sea otters: Success but more work ahead"をお届けします。
長年にわたるラッコの保全活動が実を結びつつありますが、更なる活動が必要です。
日本でも野生のラッコそのものや、日本の沿岸におけるラッコと生態系との関わりついての研究がもっと盛んになり、野生のラッコの保全活動が本格的に始まることを期待したいです。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

24日

【記事】海洋学者、ラッコに近づき保護観察違反 | Marine biologist violates probation when she gets too close to otter

本日は2016年2月22日付のMonterey Herald WILDLIFEから、"Marine biologist violates probation when she gets too close to otter "をお届けします。意図的であるにしろないにしろ、野生生物の研究者は一般人のお手本にならなければなりません。それにしても、日々起きているもっと悪質なハラスメントに対しても厳しく対処してほしいと思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

20日

【記事】ラッコ予報も嵐の予測 | Stormy Weather in Forecast for Sea Otters

本日は2016年2月19日付のシェッド水族館のブログより、”Stormy Weather in Forecast for Sea Otters ”をお届けします。エル・ニーニョにより、ラッコたちはますます厳しい環境に直面しています。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

18日

【記事】Sea Otter Savvyプログラム 「リスペクト・ザ・ナップ」| The Sea Otter Savvy Program: Respect the Nap!

本日は2016年2月16日付のFriends of the Sea Otterのブログから、"The Sea Otter Savvy Program: Respect the Nap!"をお届けします。ラッコが直面する脅威の一つは人間のハラスメントによるストレスです。その問題の解決のため様々な団体が連携し、Sea Otter Savvy(シーオター・サビー:ラッコ通の意)と言うプログラムを立ち上げ、啓蒙活動を始めました。カヤックやパドルボードに乗ることをお考えの皆様、ラッコを楽しむことはラッコを尊重することであるということをお忘れなく。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

17日

【記事】ラッコ719号がシェッド水族館へ到着 | Our Newest Arrival, Pup 719

本日は2016年2月16日付のシェッド水族館のブログから、"Our Newest Arrival, Pup 719"をお届けします。カリフォルニアで保護されたメスの子どものラッコは無事シカゴに到着しました。昨日のモントレーベイ水族館の記事のその後をシェッド水族館が引き継いでリポートしています。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

16日

【記事】ラッコ719号、シェッド水族館へ | Finding a home for Pup 719!

本日は2016年2月16日付けのモントレーベイ水族館のブログから、"Finding a home for Pup 719! "をお届けします。先月、嵐の中親とはぐれてしまい保護されたラッコ719号が、ルナ(618号)に続き、シェッド水族館で余生を過ごすことになることが発表されました。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

07日

【記事】カーメルビーチでラッコの子どもを保護 | Aquarium's Sea Otter Program Rescues Pup from Carmel Beach

 本日は2016年1月7日付けのMonterey Bay Aquarium Newsroomより、"Aquarium's Sea Otter Program Rescues Pup from Carmel Beach"をお届けいたします。
昨日カリフォルニア州カーメルビーチで保護されたラッコの子どもの保護の状況についての水族館からの公式報告です。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

11日

【記事】ウォリーを忘れない | Remembering Wally

 本日は2015年12月10日付のバンクーバー水族館のブログAquablogから、"Remembering Wally"をお届けします。

続きを読む 1 コメント

2015年

12月

09日

【記事】ラッコのウォルター、天国へ | Walter the Sea Otter

本日2015年12月9日付けでバンクーバー水族館から届いたニュースレター"Walter the Sea Otter"をお届けします。過去いくつかの記事でご紹介していた盲目のラッコ、ウォルター、通称ウォリーが亡くなりました。直接の原因については触れられていませんが、年齢による死であったと思われます。尽力してくださったスタッフの皆様に感謝申し上げます。ウォリー、安らかに。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

07日

【記事】海の身になって考える(2) | Thinking like an Ocean (2)

 本日は2015年11月19日のSeaotters.comの記事より、"Thinking like an Ocean"をお届けします。先日お届けした魚類野生生物局の記事(【記事】海の身になって考える | Thinking like an Ocean)のロングバージョンです。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

14日

【記事】オーデュボン水族館、保護されたラッコ2頭を迎える | Audubon Aquarium welcomes pair of rescued sea otters

本日は、2015年11月13日付の FOX8から、"Audubon Aquarium welcomes pair of rescued sea otters"をお届けします。ルイジアナ州ニューオリンズにあるオーデュボン水族館。現在、エマという高齢のラッコが1頭いますが、ここにモントレーベイ水族館で保護された2頭のカリフォルニアラッコたちが仲間入りすることになりました。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

13日

【記事】ラッコを撃った男に判決 | California Man Sentenced for Harassing Federally Threatened Southern Sea Otter, Violating Endangered Species Act

 本日はVentura Fish and Wildlife Officeのニュースリリースから、"California Man Sentenced for Harassing Federally Threatened Southern Sea Otter, Violating Endangered Species Act"をお届けします。昨年ラッコに向かって銃を撃ったという男に判決が言い渡されました。
ひょっとしたら昨年お伝えした事件(【記事】ペレット銃でラッコが狙撃された事件、国が捜査 | Sea otter shot with pellet gun prompts federal probe)のことかもしれません。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

05日

【記事】ラッコの安楽死の背景 | No easy answer

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

30日

【記事】モロベイで発見されたラッコ、回復中 | Baby otter found by kayakers in Morro Bay is on its way to recovery

本日は2015年10月27日付のThe Tribuneより、"Baby otter found by kayakers in Morro Bay is on its way to recovery"をお届けします。先日モロベイで発見されたメスの赤ちゃんラッコは現在モントレーベイ水族館で集中的なケアを受けています。


続きを読む 0 コメント

2015年

10月

28日

【記事】地元の釣り人が保護した赤ちゃんラッコ、安楽死となる | Otter Pup rescued by local fishermen is euthanized

 本日は2015年10月27日付のSanta Cruz Sentinelより、"Otter pup rescued by local fishermen is euthanized"をお届けします。2人の漁師が赤ちゃんラッコを保護しました。善意からの行動ですが、この記事にあるような行動は決してとってはいけません。一般人は自分で保護せず、最寄りのレスキューセンターへ通報する必要があります。赤ちゃんラッコは一人でいても、実は母親は餌をとっていて近くに見えないだけかもしれません。また、人間に触れることで野生に帰るのが難しくなることもありますし、布などで包むと体温が高くなりすぎることもあります。自己判断で救出せず、必ず専門家に依頼してください。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

14日

【記事】ラッコをつつかないで | Please Don't Poke the Sea Otters

 本日はアメリカ魚類野生生物局のウェブサイトから、"Please Don't Poke the Sea Otters"をお届けします。ここ最近インターネットで話題になっていた、寝ているラッコをつついて起こす動画について、当局が警告を発しています。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

08日

【記事】コーキーについてのご報告 | Update on Corky 

 本日は、2015年10月7日付けで発行されている、バンクーバー水族館のニュースレターメールから、コーキーについての報告をご紹介いたします。前代未聞の手術についてはカナダの多くのメディアが伝えていたので、心配していた会員も多かったのでしょう。会員に対するこのような丁寧な報告に、心を打たれました。こうすることでますます水族館をサポートしようという方も増えるのでしょうね。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

07日

【記事】保護されたラッコ、コーキー、緊急手術を受ける | Rescued Sea Otter Corky Undergoes Emergency Surgery

 本日は2015年10月6日付でプレスリリースを配布しているメディア、Wire Service Canadaに掲載されていた"Rescued Sea Otter Corky Undergoes Emergency Surgery”をお届けします。まだバンクーバー水族館のメディアリリースには掲載されていませんでしたので、取り急ぎこちらを翻訳してお届けいたします。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

03日

【記事】可愛らしさの対価ーラッコの人生が大変である5つの理由 | The high cost of being cute —  5 reasons life’s tough for sea otters

 本日は2015年10月1日付のモントレーベイ水族館のブログから、"The high cost of being cute —  5 reasons life’s tough for sea otters"をお届けします。ラッコの毛はふわふわで、それがラッコをより可愛らしく見せる特徴の一つですが、その毛を持つことでラッコは大きな対価を払っているのです。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

22日

【記事】カリフォルニアラッコの勝利:裁判所は魚類野生生物局によるラッコ除外海域廃止の決断を支持 | Major Victory for California’s Threatened Sea Otters: Court Upholds USFWS Decision To End “No-Otter Zone”

 ラッコの保護と漁業の妥協点として制定されたラッコ不在海域。却ってラッコに害を及ぼすと判断した魚類野生生物局が2012年にその計画を終了しました。それに対し漁業関係者らが計画の終了を覆すよう求めた訴訟を起こしましたが、裁判所はそれを却下しました。ラッコ不在海域について詳しくはこちらの記事(【記事】ラッコ不在海域 | No Otter Zone)先にご覧いただくとよいと思います。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

21日

【記事】ラッコの養子の話 | A Sea Otter's Adorable Adoption Story

 本日はYouTubeのチャンネルIt's Okay To Be Smartの動画"Sea Otter's Adorable Adoption Story"の書き起こしをお届けいたします。代理母に育てられているラッコ696号の裏側のリポートです。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

16日

【記事】ボランティアが親とはぐれた赤ちゃんラッコを保護 | Volunteers rescue abandoned newborn otter pup

本日は2015年9月16日付のThe Tribuneより、"Volunteers rescue abandoned newborn otter pup"をお届けします。生まれたばかりのメスの赤ちゃんラッコが海洋哺乳類センターのボランティアによって保護されました。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

02日

【記事】ラッコ696号、成長中 | Otter 696: A pup grows up

 本日は2015年9月1日付のモントレーベイ水族館のブログから、"Otter 696: A pup grows up"をご紹介します。今年の3月にポイントロボス州立自然保護区で保護された双子のラッコのかたわれ。モントレーベイ水族館で代理母ラッコ・ローザの教育を受けてすくすく育ち、野生にかえるための準備を着実に進めています。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

19日

【記事】潜れないラッコを保護、レスキューセンターで治療中 | Injured Sea Otter Rescued and Under Care at Rescue Centre

 本日は2015年8月18日付のバンクーバー水族館のブログから、"Injured Sea Otter Rescued and Under Care at Rescue Centre"をお届けします。バンクーバーアイランド沖で、肋骨の骨折により肺の空気が漏れ、潜れなくなったラッコが保護され、保護センターで治療を受けています。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

13日

【記事】海洋哺乳類保護法違反のカヤックが目撃される | Kayakers spotted violating Marine Mammal Protection Act

本日は、2015年8月10日にYouTubeで公開されたラッコに対するハラスメント動画と、それを取り上げたNews Channel 5の記事"Kayakers spotted violating Marine Mammal Protection Act"をお届けします。動物の保護と観光、レジャー。線引きをすることは難しいですが、動物たちは逃げることができません。人間が解決しなければならない問題です。

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

10日

【記事】カリフォルニアのブラウン州知事がラッコを助ける法案に署名 | Governor Brown signs legislation to help sea otters

 カリフォルニア州民は確定申告の際、申告用紙にある「カリフォルニアラッコ基金」へ金額を記入することにより、還付金の一部を直接寄付することができます。モニング議員より2016年度に期限を迎えるこの法案の延長が昨年提出されていましたが、2015年8月7日、カリフォルニア州ブラウン知事が署名し、5年の延期が決定しました。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

08日

【記事】ラッコの回帰か? | The return of the sea otter?

本日は2015年6月4日付のオレゴン州のメディア、The Daily Astonianより"The return of the sea otter?"をお届けします。アメリカ西海岸で唯一ラッコの回復計画が失敗しているオレゴン州。先日のワシントン州でのラッコの死体発見を受けての記事です。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

03日

【記事】シェッド水族館のルナ、先輩ラッコと対面 | Watch Two Orphaned Sea Otters Meet for the First Time

 本日は2015年6月1日付takepartから、"Watch Two Orphaned Sea Otters Meet for the First Time"をお届けします。みなしごラッコのルナは、シェッド水族館ですくすくと育っています。先輩ラッコのカユコスと初対面の日の様子です。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

05日

【記事】エルクホーン湿地帯ラッコ保護の署名にご協力ください | Protect Monterey Bay Sea Otters From Water Pollution! Sign the Petition!

 本日はEco Rightsという環境保護のための署名サイトから、ラッコの保護を求める署名活動のご紹介です。カリフォルニアラッコの最大の生息地でもあるエルクホーン湿地帯が水質汚染に直面しています。エルクホーン湿地帯は主にラッコのメスや子どもが生息していますが、水質の悪化により繁殖可能なメスラッコや子どもたちに影響が出ると、カリフォルニアラッコを種として維持できなくなってしまいます。ぜひ署名にご協力ください!

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

31日

【記事】ラッコへの脅威 | Threats to Sea Otters

本日は、2015年3月23日付、R.J.Dunlap Marine Conservation Programから

"Threats to Sea Otters"をお届けします。

ラッコの生息数は回復傾向にはありますが、いまだに様々な危機に直面しています。取り返しがつかなくなる前に、私たちがしなければならないことは何でしょうか。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

09日

【記事】フォトジャーナリストが見たラッコ保護の現場 | How otterly cute! Orphaned two-week-old sea otter pup gets some TLC after being found washed up on California beach

本日は2015年3月2日付のDaily Mailから、"How otterly cute! Orphaned two-week-old sea otter pup gets some TLC after being found washed up on California beach"をお届けします。ジャーナリストがみた保護の現場です。

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

03日

【記事】ふたごのラッコ | Otter Twins!!!

本日は2015年3月3日付のモントレーベイ水族館のブログから、"Otter Twins!!!"をご紹介します。ラッコの双子は2%ほどの確率で存在しますが、養育の難しさなどから母親がどちらかを諦めてしまうことがほとんどだそうです。最近あった、双子のかたわれの救出劇についてのお話です。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

25日

【記事】水面下から~ラッコの捕獲調査~ | A View From Below: Sea Otter Capture

本日はカリフォルニア漁業狩猟局のYoutubeチャンネルから"A View From Below: Sea Otter Capture"の書き起こしをご紹介します。カリフォルニアにおけるラッコ保護のためにラッコの捕獲調査をどのように行っているのでしょうか。

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

04日

【記事】ラッコ調査のための資金源を広げる法案を提出 | Legislation introduced to extend funding source for sea otter research

本日は、12月2日付のSanta Cruz Sentinelの記事"Legislation introduced to extend funding source for sea otter research"をお届けします。現在、カリフォルニア州の住民は、確定申告の際、申告用紙の「ラッコ基金」の欄に数字を入れるだけで還付金の一部をラッコ保護に寄付することができます。確定申告用紙にその欄を載せることが、ラッコの保護や調査に必要な資金の大きな調達源となっています。2016年に期限を迎えるこの制度の延長を要求する法案が提出されました。

続きを読む 0 コメント